化学物質過敏症・電磁波過敏症の治し方

やまろうのCS・ES研究

化学物質過敏症はパブロフの犬?

投稿日:2017年1月19日 更新日:

「パブロフの犬」って知ってますか?

パブロフ博士が、犬にエサを与えるときに必ずベルを鳴らすようにしたところ、エサが無くてもベルを鳴らすと犬がヨダレをたらしたという話です。

条件反射ってやつです。もちろん人にもこれは起こります。例えば、梅干を見るとヨダレが出てきます。それどころか、梅干を見なくても、想像しただけでヨダレが出てきます。ヨダレを出さないように意識しても出てしまいます。

つまり梅干が物理的に存在しなくても、頭の中に浮かべただけで物理的現象(よだれが出る)が引き起こされるということです。人間とはそういう性質を持っているのです。

ピンと来た方も多いことでしょう!そうです。化学物質過敏症にもこのメカニズムが働いていると考えられるのです。

パブロフの犬 ベルを鳴らす     → ヨダレをたらす
CS           化学物質と接する → 症状が出る(めまい、頭痛等)

 

また、心理学では、ある特定の刺激に対して後天的に関連づけられた生体反応(意識状態)が呼び覚まされる、そのような刺激をトリガーと言います。

呼び覚まされる感覚のことをアンカーと言います。パブロフの犬でいうと、「ベルを鳴らす」ことがトリガー(引き金)で、「ヨダレをたらす」ことがアンカー(呼び覚まされる症状)です。

同じようにCSでいうと、「化学物質と接する」ことがトリガー(引き金)で、「症状が出る」ことがアンカー(呼び覚まされる症状)です。

トリガー アンカー
パブロフの犬 ベルを鳴らす ヨダレをたらす
CS 化学物質(香水等)と接する 症状が出る(めまい等)

CS/ESは『心身症』かもしれません

心身症とは、心因性の身体の不調を意味します。

この本に書かれている心身症になりやすい人の特徴が、あまりに自分に当てはまっていることが多くて驚きました。

化学物質過敏症も心身症の一種なんじゃないかと私は思います。

 

 

科学的な瞑想「マインドフルネス」の効果がすごい!

英語の論文を読んだ所、マインドフルネスでCS/ESの苦痛の感じ方が軽減したとの報告を見つけました。

マインドフルネスは瞑想を科学的に分析して出来上がった科学的エクササイズです。

このCDはマインドフルネスの創始者ジョン・カバットジンが制作した瞑想ガイダンス音声を日本のプロの声優が吹き替えたものです。

私はこれまでに何度も瞑想のトレーニングをしてきましたが、この音声を使った瞑想が一番効果を感じています。

-気功

Copyright© やまろうのCS・ES研究 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.