化学物質過敏症・電磁波過敏症の治し方

やまろうのCS・ES研究

医療気功の原理

投稿日:2017年1月19日 更新日:

ここで改めて医療気功の原理について考えてみたいと思います。
苫米地博士は「気の本質は情報である」と仰ってます。
青島先生もまた「気の特徴を表す言葉は情報である」と仰っています。

私は気功の原理を以下のように考えています。

  1. 気は生命エネルギーである
  2. 気には情報を乗せることが出来る
  3. 気は人から人に送ることが出来る
  4. 医療気功とは気功師が気に健康な体の情報を乗せて、患者に送ることである。

つまり、どんな情報が乗っかってるかが重要なんです。

ガンを治す場合、ガンが無い体の状態の情報を気に乗せて、患者に送ると、患者の内部表現が書き変わり、「自分はガンではない」に変わります。すると、体はガンではない状態に向かいます。
その結果、治るということです。

脳科学から見た「気功」について詳しく学びたい方には以下の書籍をお勧めします。

【送料無料】夢が勝手にかなう「気功」洗脳術【送料無料】夢が勝手にかなう「気功」洗脳術
価格:1,365円(税込、送料別)
【送料無料】すごい氣が出るDVDブック【送料無料】すごい氣が出るDVDブック
価格:1,280円(税込、送料別)

CS/ESは『心身症』かもしれません

タイトルだけ見ると「腰痛」についての本かと思われますが、「心身症」についての本なんです。

心身症とは、心因性の身体の不調を意味します。

この本に書かれている心身症になりやすい人の特徴が、あまりに自分に当てはまっていることが多くて驚きました。

化学物質過敏症にも様々な要因があって、その一つが心身症なんじゃないかと私は思います。

-気功

Copyright© やまろうのCS・ES研究 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.